Securing containerized applications

データを保護し、所定の位置のデータに最高レベルの暗号化を追加、業界の要件に準拠、AIを保護し、データ保護にハードウェアを追加します。

1日目: 2020年7月1日

  • Speakers: Dan Walsh

    オープニングの基調講演では、コンテナのセキュリティに関するアイデアを取り上げます。ダンは、コンテナの実行に関係する3つのエンティティについて説明し、各エンティティがコンテナのセキュリティにどのように影響するかを説明します。ダンは、ユーザーフレンドリーな方法でこれを実現する方法についてのアイデアを説明します。

  • Speakers: Stefan Schmitt

    クラウドプラットフォームは、高速で信頼性の高い方法でアプリケーションを構築するために多くのオプションを提供します。

  • Speakers: Gregory I Hanson

    モノリシックアプリケーションを個々のマイクロサービスに正常に分割しました。次に、すべてをロックダウンする必要があります。マイクロサービスアプリケーションは、ネットワークを介して相互に通信します。

  • Speakers: Beat Buesser

    Adversarial Robustness Toolbox(ART)は、回避、中毒、抽出、推論の敵対的な脅威に対してMLモデルを防御、認証、検証するための機械学習(ML)セキュリティ用のPythonライブラリです。

  • Speakers: Charles Brown

    IBM Financial Services Cloudは、スタンダードなIBMパブリッククラウドマルチゾーンリージョン(MZR)環境で実行され、金融機関のワークロードや金融機関が使用するサードパーティアプリケーションについて、金融のレギュレーションに適したベストプラクティスを備えています。

  • Speakers: Mariusz Sabath

    Mariuszは、Kubernetesクラスターでシークレットを保存および使用する現在のメゾットに存在する問題を調査し、Trusted Service Identity(TSI)と呼ばれるIBM Researchによって最近オープンソース化されたプロジェクトを紹介します。

  • Speakers: Bob Kalka

    クロージングの基調講演では、今日のサイバーセキュリティプログラムと投資に最も劇的な影響を与える3つのトレンドについて詳しく説明します。

  • Speakers: Nigel Brown

    セキュアクラウドストレージのハンズオンラボでは、データセキュリティの基礎を学びます。S3FS-Fuseを使用して暗号化されたオブジェクトストレージ上のデータストレージを、Kubernetes上のMongoDBとJava SpringアプリケーションにPersistent Volume (PV)とPersistent Volume Claim (PVC)として追加するハンズオンを行います。

Meet the speakers

  • Beat Buesser

    Research Staff Member (IBM Research)

    この講演者の詳細
  • Bob Kalka

    CRISC, CDPSE, Vice President of the IBM Security Business Unit (IBM)

  • Charles Brown

    Distinguished Engineer (DE), Cloud Engagement Hub, Financial Services Ready Cloud (IBM)

  • Dan Walsh

    "Mr SELinux" Senior Distinguished Engineer (SDE), Head of Container Engineering (Red Hat)

  • Gregory I Hanson

    Istio Contributor, Staff Software Engineer (IBM)

  • Mariusz Sabath

    IBM Master Inventor, Senior Software Engineer, Next Generation Containers and Cloud Technologies (IBM Research)

  • Nigel Brown

    Developer Advocate (IBM)

  • Stefan Schmitt

    Senior Technical Staff Member (STSM), IBM Hyper Protect Cloud Services (IBM)

    この講演者の詳細

Additional Resources

デジタル・バッジは、オンラインで共有可能な、業界全体で認められる業績の印です。デジタル・バッジは、あなたの頑張りやプロとしての成長へのコミットメントを示すために使用することができます。

Cloud Native Security - Application Security
Cloud Native Security - Data Security
Cloud Native Security - DevSecOps