San Francisco 市の交通データを分析する  

都市のオープン・データ・セットを使用してチャート、グラフ、地図を生成する

Last updated | By Scott D’Angelo, David Taieb

Description

データを使用して Jupyter Notebooks やその他の成果物を作成しているあらゆる開発者を対象に、このコード・パターンではオープンソースのヘルパー・ライブラリー PixieDust の威力を紹介します。IBM Watson Studio 上でホストされた PixieDust では、複雑なコードを作成することなく、開発者やその他のユーザーがインタラクティブで動的なチャート、グラフ、テーブルを迅速に作成できます。しかも、Jupyter Notebook 内に直接 UI 要素を組み込むために、PixieApps が使用されています。サンフランシスコ市の DataSF Open Data といったオープンソース・データ・プロバイダーの存在を前提に、PixieDust と IBM Watson Studio では、ユーザーがデータを分析してその視覚化を共有できるようになっています。

Overview

DataSF Open Data では、サンフランシスコ統合市郡に関する何百ものデータ・セットを提供しています。このパターンは、このような公開データを IBM Watson Studio上でホストされた Jupyter Notebook に取り込んで、PixieDust を使用して迅速、簡単にグラフやチャートを作成する例を説明します。さらに PixieApps を使用して、Jupyter Notebook 内で直接実行できる UI 要素も作成します。

このコード・パターンを完了すると、以下の方法がわかるようになります。

  • Jupyter Notebook を使用してデータをロード、視覚化、分析する
  • Watson Studio 内で Jupyter Notebook を実行する
  • PixieDust を IPython Notebook ヘルパーとして使用する
  • PixieApps を使用してダッシュボードを作成する
  • サンフランシスコ市の DataSF Open Data からデータをフェッチする
  • Mapbox GL を使用してインタラクティブな地図を作成する

Flow

  1. 用意されているノートブックを IBM Watson Studio プラットフォームにロードします。
  2. DataSF Open Data が公開している交通情報を Jupyter Notebook にロードします。
  3. ノートブックによって交通情報が分析されます。
  4. チャートやグラフは、インタラクティブに変更することができます。
  5. PixieApp ダッシュボードが作成されて、やり取りできるようになります。

Related Blogs

OSC東京 SpringにIBM Developer Advocateが登壇します!

みなさまこんにちは、IBM Developer AdvocateのTaijiです。 明日、2月22日はOSC東京 Springです! 私は14時よりJavaアプリをIKS(IBM Cloud上のK8s)へデプロイする方法の開設をデモ交えながらやらせて頂きます。 こちらの内容は、Code Patternsでも紹介しております。 Spring Boot マイクロサービスを Kubernetes 上にデプロイする ご存じない方も多いのですが、IBM Cloudの多くの部分は、実はオープンソースで構成されているんですよ😎 ご予定お繰り合わせの上、ぜひお越しくださいね🙋‍♂️ https://www.ospn.jp/osc2019-spring/ #osc19tk #TryIBMDev #IBM #IBMDeveloper

続けて読む OSC東京 SpringにIBM Developer Advocateが登壇します!

IBM Developer へようこそ

新しい IBM Developer へようこそ! 私たちはこの新しいプロジェクトに大いに張り切っていますが、まずは皆さんについて、つまり開発者についてお話ししたいと思います。

続けて読む IBM Developer へようこそ

Related Links