San Francisco 市の交通データを分析する  

都市のオープン・データ・セットを使用してチャート、グラフ、地図を生成する

Last updated | By Scott D’Angelo, David Taieb

Description

データを使用して Jupyter Notebooks やその他の成果物を作成しているあらゆる開発者を対象に、このコード・パターンではオープンソースのヘルパー・ライブラリー PixieDust の威力を紹介します。IBM Watson Studio 上でホストされた PixieDust では、複雑なコードを作成することなく、開発者やその他のユーザーがインタラクティブで動的なチャート、グラフ、テーブルを迅速に作成できます。しかも、Jupyter Notebook 内に直接 UI 要素を組み込むために、PixieApps が使用されています。サンフランシスコ市の DataSF Open Data といったオープンソース・データ・プロバイダーの存在を前提に、PixieDust と IBM Watson Studio では、ユーザーがデータを分析してその視覚化を共有できるようになっています。

Overview

DataSF Open Data では、サンフランシスコ統合市郡に関する何百ものデータ・セットを提供しています。このパターンは、このような公開データを IBM Watson Studio上でホストされた Jupyter Notebook に取り込んで、PixieDust を使用して迅速、簡単にグラフやチャートを作成する例を説明します。さらに PixieApps を使用して、Jupyter Notebook 内で直接実行できる UI 要素も作成します。

このコード・パターンを完了すると、以下の方法がわかるようになります。

  • Jupyter Notebook を使用してデータをロード、視覚化、分析する
  • Watson Studio 内で Jupyter Notebook を実行する
  • PixieDust を IPython Notebook ヘルパーとして使用する
  • PixieApps を使用してダッシュボードを作成する
  • サンフランシスコ市の DataSF Open Data からデータをフェッチする
  • Mapbox GL を使用してインタラクティブな地図を作成する

Flow

  1. 用意されているノートブックを IBM Watson Studio プラットフォームにロードします。
  2. DataSF Open Data が公開している交通情報を Jupyter Notebook にロードします。
  3. ノートブックによって交通情報が分析されます。
  4. チャートやグラフは、インタラクティブに変更することができます。
  5. PixieApp ダッシュボードが作成されて、やり取りできるようになります。

Related Blogs

IBM Developer へようこそ

新しい IBM Developer へようこそ! 私たちはこの新しいプロジェクトに大いに張り切っていますが、まずは皆さんについて、つまり開発者についてお話ししたいと思います。

続けて読む IBM Developer へようこそ

Call for Code Challenge 2018(9/28応募締切!)- まずは参加登録して、自然災害に役立つ IBM Cloud のサービスに触れてみよう

みなさまこんにちは! 年々、テレビのニュースや新聞を見て、異常気象による集中豪雨や猛暑が各地で発生していると感じている方は多いのではないでしょうか。自然災害による甚大な被害をもたらしているのは日本だけではありません。「自然災害」は、今、世界が立ち向かうべき最も大きな試練となっています。 IBMは、2018年5月24日、パートナー団体と共に「Call for Code」をいう取り組みを発表し、世界中のデベロッパーが最新の技術を駆使して、コードで世界にポジティブな変化を与える支援をはじめました。 2018年の Call for Code チャレンジでは、「自然災害」をテーマに自然災害を打ち破り、地域社会や自然災害対策を強化を目指し、IBM Cloud サービスを活用したソリューションを構築するコンペティッションを開催します。18歳以上の個人または最大5名までのチームで参加することができます。優勝チームには USD200,000 (2,200万円相当) が贈られます。 これを機に皆さんにも「Call for Code」にご参加いただき、クラウド、データ、AI、ブロックチェーンを活用するためのIBMのテクノロジーにも触れていただければと思います。詳しくはサイトをご覧ください。 Call for Code(日本語サイト) Call for Code への参加するまでの手引き(日本語解説資料) IBM Code Patterns : Watson を活用した AI やクラウドなどのアプリ開発に役立つサンプルコードを提供

続けて読む Call for Code Challenge 2018(9/28応募締切!)- まずは参加登録して、自然災害に役立つ IBM Cloud のサービスに触れてみよう

Related Links