ブロックチェーンで寄付を追跡する  

Hyperledger Composer PlaygroundおよびHyperledger Composer RESTサーバーを使用して、IBMブロックチェーン・プラットフォームを作成、構成、および利用します。

| By Ishan Gulhane

Description

多くの市民が、極度の貧困などの社会的課題を支援するための慈善活動に協力しています。 得られたリソースは、実際にそれを必要としている人々に届けられてきました。 これら寄付され使用された資金はすべて、本当に大きな影響を与えています。 より透明性のあるシステムを採用することで、人々に必要とされているものの価値が容易に伝わり、参加の意欲が増すのではないでしょうか? 寄付が増えることも期待できるかもしれません。

この開発者向けコード・パターンでは、IBM Blockchain Platformを使用して、3メンバーが参加するシンプルなネットワークを構築します。 このネットワークでは、特定の目的のための寄付の誓約と資金移転が政府によって行われ、援助機関と共に登録され、Global Citizenによって検証されます。

Overview

Global Citizenは、地球上で最も革新的な非政府組織(NGO)の1つです。 過去10年間で、会員コミュニティからの1,300万件を超えるアクションを仲介し、重要な問題に対して顕著な貢献をしています。 Global Citizenは、社会的責任の業界リーダーであり、人々の声と共に成長し続けています。

Global Citizenが現在注目している問題の1つは、寄付自体を取り巻く透明性と説明責任の欠如です。 社会活動として、極度の貧困や感染症などの重大な問題を実際に解決しようとするならば、特に世界で最も影響力のある支援団体である連邦政府から、あらゆる目標が承認されていることを確認する必要があります。

ブロックチェーンは、市民が要求する透明性と説明責任を提供することができます。 IBM BlockchainとGlobal Citizenを組み合わせることで、開発者が最初の寄付追跡アプリケーションを構築し、それがすべてブロックチェーン・プラットフォーム上で実行することが容易になります。

このIBM Codeデベロッパーのパターンでは、IBM Blockchain Platform上のシンプルな3メンバー(政府、援助機関、Global Citizen)によるネットワークを構築する方法を説明します。 このネットワーク上で、寄付の提案書と資金移転は政府によって作成され、援助機関に登録され、Global Citizenによって検証されるでしょう。 このパターンを完成させ、Starter Kit、Hyperledger Composer Playground、Hyperledger Composer RESTサーバーを使用して、IBM Blockchain Platform Starter Planの作成、構成、および利用方法を学習してください。

チャレンジしてみましょう! このコードパターンとGlobal Citizenチャレンジに関する週1回のQ&Aのために、Innovatorシリーズに参加しましょう。

Flow

  1. 審査のため、Global Citizen組織に寄付の提案書を作成して提出する。
  2. 資金を得るため政府機関に寄付の提案書を提出する。
  3. 資金提供の規約に従い寄付の提案書を更新する。
  4. 提案書ごとに資金を移転する。

Related Blogs

IBM Developer へようこそ

新しい IBM Developer へようこそ! 私たちはこの新しいプロジェクトに大いに張り切っていますが、まずは皆さんについて、つまり開発者についてお話ししたいと思います。

続けて読む IBM Developer へようこそ

Call for Code Challenge 2018(9/28応募締切!)- まずは参加登録して、自然災害に役立つ IBM Cloud のサービスに触れてみよう

みなさまこんにちは! 年々、テレビのニュースや新聞を見て、異常気象による集中豪雨や猛暑が各地で発生していると感じている方は多いのではないでしょうか。自然災害による甚大な被害をもたらしているのは日本だけではありません。「自然災害」は、今、世界が立ち向かうべき最も大きな試練となっています。 IBMは、2018年5月24日、パートナー団体と共に「Call for Code」をいう取り組みを発表し、世界中のデベロッパーが最新の技術を駆使して、コードで世界にポジティブな変化を与える支援をはじめました。 2018年の Call for Code チャレンジでは、「自然災害」をテーマに自然災害を打ち破り、地域社会や自然災害対策を強化を目指し、IBM Cloud サービスを活用したソリューションを構築するコンペティッションを開催します。18歳以上の個人または最大5名までのチームで参加することができます。優勝チームには USD200,000 (2,200万円相当) が贈られます。 これを機に皆さんにも「Call for Code」にご参加いただき、クラウド、データ、AI、ブロックチェーンを活用するためのIBMのテクノロジーにも触れていただければと思います。詳しくはサイトをご覧ください。 Call for Code(日本語サイト) Call for Code への参加するまでの手引き(日本語解説資料) IBM Code Patterns : Watson を活用した AI やクラウドなどのアプリ開発に役立つサンプルコードを提供

続けて読む Call for Code Challenge 2018(9/28応募締切!)- まずは参加登録して、自然災害に役立つ IBM Cloud のサービスに触れてみよう

Related Links

Medium.com

Integrate your blockchain with anything using Hyperledger Composer and NodeRed.

Blockchain Unleashed blog

Hyperledger Fabric blog posts cover questions for choosing a blockchain technology, starting your business at the speed of blockchain, and more.