Watson Assistant を利用して Google アクションを作成する  

「こんにちは、Google」と話しかけて、会話 AI を使用して作成した予約エージェントと話す

| By Mark Sturdevant, Vincent Perrin

Description

「英語の場合は 1 を押してください」といったメニューを提示するだけのチャットボットでは、もう時代遅れです。音声対応ガジェットの場合は尚更のこと、私たちが目指すのは、人間と話しているような感覚のチャットボットです。チャットボットに人間の振りをさせる必要はありませんが、人間同士がやり取りしているような会話にしなければなりません。このコード・パターンでは、Google Home、スマートフォン、または Google アシスタント対応の他のデバイスを使ってチャットボットにアクセスしたいと考えている開発者を対象に、「こんにちは、Google」と話しかけると Watson Assistant のダイアログを有効にする Google アクションと Node.js サーバーを作成する方法を紹介します。

Overview

チャットボットを使用するときは、その会話をできるだけ自然なものにしたいはずです。それには、人間が会話するときのやり取りをチャットボットにシミュレーションさせる必要があります。チャットボットは毎回同じように応答する場合もありますが、機械学習を使用して状況に応じて応答することもできます。このコード・パターンで作成するチャットボットは、状況に応じて応答します。

このコード・パターンでは、自動車の予約のスケジュールと詳細を尋ねることができる、小売業用のエージェント・チャットボットを作成する方法を説明します。Watson™ Assistant ワークスペースを組み込み、Watson Assistant のコンテンツ・カタログと余談機能を使用することで、会話の流れが自然な形で続くようにします。このチャットボットを Google アシスタント対応のデバイスでテストするために、Watson Assistant とやり取りする Node.js サーバーを呼び出す Google アクションをセットアップします。

このコード・パターンをひととおり完了すると、以下の方法がわかるようになります。

  • HTTPS エンドポイントを呼び出す Google アシスタントのアクションを作成する
  • Google アシスタントからのリクエストを処理して Watson Assistant からのレスポンスを送信できる Node.js サーバーを起動する
  • Watson Assistant を使用して、予約に必要な情報を会話によって収集する小売業用エージェントを作成する

Flow

  1. ユーザーが Google アシスタントに話しかけるか、文字を入力します。
  2. Google アシスタントがユーザーから提供されたテキストを HTTPS エンドポイントに送信します。
  3. Node.js サーバーが Watson Assistant を呼び出し、レスポンスを受け取ります。
  4. レスポンスが Google アシスタントに返されます。
  5. Google アシスタントがユーザーに応答します。

Instructions

このパターンに取り組む準備はできましたか?アプリケーションを起動して使用する方法について詳しくは、README を参照してください。

Related Blogs

IBM Developer へようこそ

新しい IBM Developer へようこそ! 私たちはこの新しいプロジェクトに大いに張り切っていますが、まずは皆さんについて、つまり開発者についてお話ししたいと思います。

続けて読む IBM Developer へようこそ

Call for Code Challenge 2018(9/28応募締切!)- まずは参加登録して、自然災害に役立つ IBM Cloud のサービスに触れてみよう

みなさまこんにちは! 年々、テレビのニュースや新聞を見て、異常気象による集中豪雨や猛暑が各地で発生していると感じている方は多いのではないでしょうか。自然災害による甚大な被害をもたらしているのは日本だけではありません。「自然災害」は、今、世界が立ち向かうべき最も大きな試練となっています。 IBMは、2018年5月24日、パートナー団体と共に「Call for Code」をいう取り組みを発表し、世界中のデベロッパーが最新の技術を駆使して、コードで世界にポジティブな変化を与える支援をはじめました。 2018年の Call for Code チャレンジでは、「自然災害」をテーマに自然災害を打ち破り、地域社会や自然災害対策を強化を目指し、IBM Cloud サービスを活用したソリューションを構築するコンペティッションを開催します。18歳以上の個人または最大5名までのチームで参加することができます。優勝チームには USD200,000 (2,200万円相当) が贈られます。 これを機に皆さんにも「Call for Code」にご参加いただき、クラウド、データ、AI、ブロックチェーンを活用するためのIBMのテクノロジーにも触れていただければと思います。詳しくはサイトをご覧ください。 Call for Code(日本語サイト) Call for Code への参加するまでの手引き(日本語解説資料) IBM Code Patterns : Watson を活用した AI やクラウドなどのアプリ開発に役立つサンプルコードを提供

続けて読む Call for Code Challenge 2018(9/28応募締切!)- まずは参加登録して、自然災害に役立つ IBM Cloud のサービスに触れてみよう

Related Links

Watson Node.js SDK

IBM Watson サービスにアクセスするための Node.js ライブラリーです。

ブログ

このパターンについて説明しているブログを読んでください。