ブロックチェーン対応のカスタマー・ロイヤルティー・プログラムを作成する  

Hyperledger Composer API、Hyperledger Composer フレームワーク、Node.js を使用してブロックチェーン対応の Web アプリとネットワークを作成する

| By Raheel Zubairy

Description

カスタマー・ロイヤルティー・プログラムによって特別なサービスや割引を提供することで、企業は新規顧客を引き込めると同時に既存の顧客を維持できます。一般に、こうしたプログラムはポイント・システムに基づいています。つまり、プログラムのメンバーは商品の購入時にポイントを獲得し、たまったポイントを特典と交換できるという仕組みです。ロイヤルティー・プログラムに複数の企業がパートナーとして関与していて、それらの企業が顧客ベースにサービスを提供する場合もあります。また、消費者が複数の異なるロイヤルティー・プログラムに参加している場合もあります。このような場合、ブロックチェーンを使用すれば、単一のプラットフォーム上で各種のロイヤルティー・ポイント通貨をすぐにサービスと交換できます。さまざまなプログラムのポイントを 1 つの共通したデジタル・ウォレットにためられるようにすれば、消費者がプログラムごとにポイント交換の選択肢、制約事項、規則について探し回る必要がなくなります。

Overview

この開発者コード・パターンでは、Hyperledger Composer 0.19.5 API を使用したブロックチェーン対応のカスタマー・ロイヤルティー・プログラムと、Node.js Web アプリケーションを作成します。Web アプリケーションは、プログラムのメンバーがブロックチェーン・ネットワークに登録したり、サインインしてトランザクションを行ったりするためのものです。メンバーはネットワーク上のパートナーを確認して、パートナーとのトランザクションを行うことができます。トランザクションには、購入時のポイント獲得、ポイントとサービスの引き換えが含まれます。トランザクションはブロックチェーン・レジャー内に記録されるため、メンバーは自分が行ったトランザクションをすべて表示できます。

パートナーもこのアプリケーションを使用してネットワークに登録できます。登録済みのパートナーは、アプリケーションにサインインし、メンバーとの間のトランザクションを表示できます。ただし、トランザクションを行う場合を除き、パートナーがプログラムのメンバーにアクセスすることはできません。このアプリケーションはパートナー用の基本的なダッシュボードのデモとして、メンバーとの間で行われたトランザクションを分析し、ポイントの獲得数と交換数の合計を表示します。

このコード・パターンは、Hyperledger Composer を使用してブロックチェーン・ネットワークの構築を開始したいと思っている開発者を対象にしています。このパターンを完了すると、以下の方法がわかるようになります。

  • Hyperledger Composer を使用して基本的なブロックチェーン・ネットワークを作成する
  • ブロックチェーン・ネットワークをローカルの Hyperledger Fabric インスタンスおよび IBM Blockchain にデプロイする
  • Composer API を使用してブロックチェーン・ネットワークと相互作用する Node.js Web アプリケーションを構築する

Flow

  1. メンバーがネットワークに登録します。
  2. メンバーはアプリケーションにサインインして、ポイントの獲得や交換のためのトランザクションを行ったり、トランザクションを確認したりできます。
  3. パートナーがネットワークに登録します。
  4. パートナーはアプリケーションにサインインして、トランザクションを確認したり、ダッシュボードを表示したりできます。

Instructions

このパターンの詳細な手順については、README を参照してください。

Related Blogs

IBM Developer へようこそ

新しい IBM Developer へようこそ! 私たちはこの新しいプロジェクトに大いに張り切っていますが、まずは皆さんについて、つまり開発者についてお話ししたいと思います。

続けて読む IBM Developer へようこそ

Call for Code Challenge 2018(9/28応募締切!)- まずは参加登録して、自然災害に役立つ IBM Cloud のサービスに触れてみよう

みなさまこんにちは! 年々、テレビのニュースや新聞を見て、異常気象による集中豪雨や猛暑が各地で発生していると感じている方は多いのではないでしょうか。自然災害による甚大な被害をもたらしているのは日本だけではありません。「自然災害」は、今、世界が立ち向かうべき最も大きな試練となっています。 IBMは、2018年5月24日、パートナー団体と共に「Call for Code」をいう取り組みを発表し、世界中のデベロッパーが最新の技術を駆使して、コードで世界にポジティブな変化を与える支援をはじめました。 2018年の Call for Code チャレンジでは、「自然災害」をテーマに自然災害を打ち破り、地域社会や自然災害対策を強化を目指し、IBM Cloud サービスを活用したソリューションを構築するコンペティッションを開催します。18歳以上の個人または最大5名までのチームで参加することができます。優勝チームには USD200,000 (2,200万円相当) が贈られます。 これを機に皆さんにも「Call for Code」にご参加いただき、クラウド、データ、AI、ブロックチェーンを活用するためのIBMのテクノロジーにも触れていただければと思います。詳しくはサイトをご覧ください。 Call for Code(日本語サイト) Call for Code への参加するまでの手引き(日本語解説資料) IBM Code Patterns : Watson を活用した AI やクラウドなどのアプリ開発に役立つサンプルコードを提供

続けて読む Call for Code Challenge 2018(9/28応募締切!)- まずは参加登録して、自然災害に役立つ IBM Cloud のサービスに触れてみよう

Related Links

Hyperledger Composer API

Check out the documentation for the Hyperledger Composer Client, Admin, and Runtime JavaScript APIs.