MQTT を使用してリアルタイム・データをストリーミング配信する  

MQTT と Kubernetes を使用して、ニューヨーク州の送電網の炭素強度に関するリアルタイム・データ・ストリームを作成する

| By Sean Dague

Description

MQTT は、効率的にデータを配信するのに最適なリアルタイムのパブリッシュ・サブスクライブ・プロトコルです。MQTT と一連のマイクロサービスを利用すれば、ニューヨーク州の送電網に関する既存のオープン・データを、オープンでリアルタイムのストリーミング・サービスに変換することができます。

Overview

このコード・パターンで取り上げる ny-power プロジェクトでは、一連のマイクロサービスを利用して、ニューヨーク州の送電網のパフォーマンスに関するオープン・データを取り込み、そのデータからおおよその炭素強度レベルを計算します。算出されたデータはリアルタイムの MQTT ストリームで配信して、他のアプリケーションでも簡単に使用できるようにします。このコード・パターンではまた、Helm を使用して Kubernetes 内で一連のデータ処理を管理する方法も説明します。

このコード・パターンを完了すると、以下の方法がわかるようになります。

  • ストリーミング方式でデータにアクセスする必要があるアプリケーション内で MQTT を使用する
  • Helm を使用して Kubernetes アプリケーションをデプロイする
  • MQTT などのクラウド・ネイティブではないサービスを Kubernetes 内でホストする
  • Kubernetes マイクロサービスを利用して、疎結合のデータ処理を行う

Flow

  1. ユーザーが Web サイトにアクセスします。
  2. Web ブラウザーが直接 MQTT サービスにアクセスします。
  3. アプリケーションのデータ・ポンプが毎分 NY ISO をポーリングして新しいデータの有無を確認します。
  4. データが MQTT サービスにプッシュされます。
  5. MQTT サービスにサブスクライブしているアーカイバーが新しいデータのすべてを Influx DB に送信します。
  6. 新しいデータを基に、現在の CO2 / kWh が計算されて、結果のデータと最近の時系列データの両方が MQTT サービスにパブリッシュされます。

Related Blogs

Call for Code 2019 応募に向けて個別オンライン相談会の予約受付開始

皆さん、こんにちは。IBM デベロッパーアドボケイト戸倉彩です。 グローバルハッカソンは目標をもって仲間と一緒 […]

続けて読む Call for Code 2019 応募に向けて個別オンライン相談会の予約受付開始

Related Links

IBM Cloud Kubernetes Service

Kubernetes と Docker の結集された力をアプリに提供することができます。

Data and analytics for insights and visualization

データを保管して分析し、データに関するレポートを作成する場合は、アナリティクス・エンジンを使用して実用的な洞察と視覚化を推進してください。