IBM Developer Japan Webサイトは2021年3月15日をもって終了となり、日本語コンテンツの一部は、オープンソースとして、提供予定です。 URLはこちら

ラーニング・パス: ブロックチェーンを使い始める

概要

このページを見ている方は、最近のブロックチェーンに関する話題をご承知なのでしょう。ブロックチェーンに取り掛かったばかりで、分散型レジャー・テクノロジーの基本を押さえることが目的ですか?あるいは、すでにブロックチェーン・アプリの開発を進めていて、これまでに培った知識をさらに磨くことが目的ですか?いずれの目的にしても、以下に紹介する一連のモジュールが役立つはずです。これらのモジュールでは、最初に基本を押さえてから、徐々に難易度を上げたアプリの作成方法を学ぶことができます。最後に、ブロックチェーンの持てる力のすべてを把握するために、さまざまな使用ケースを調べることもできます。

目標

このラーニング・パスを完了すると、以下の知識とスキルを身に付けることができます。

  • デジタル・レジャーの基本概念、具体的にはブロックチェーン・テクノロジーの背後にある基本概念と、オープンソース Hyperledger プロジェクトに関する知識
  • オープンソース Hyperledger Fabric フレームワークをベースにブロックチェーン・ネットワークを開始する
  • IBM Blockchain Platform の VS Code 拡張機能を使用してスマート・コントラクトを開発する
  • 基本的なブロックチェーン・ネットワークを構築し、ブロックチェーン・スマート・コントラクトを作成して実行する。また、ブロックチェーン・プラットフォームからイベントを発行する
  • IBM Blockchain Platform に接続された Blockchain Solution Manager と Blockchain Document Store を利用して、高度なアプリを構築する
  • Ethereum Virtual Machine を使用して Hyperledger Fabric をローカルにデプロイし、Node.js Web アプリを介してスマート・コントラクトとやり取りするプロキシーを作成する
  • 保険、医療、金融、小売りなどの幅広いブロックチェーンの使用ケースに関する知識を利用する

前もって必要となる知識

このラーニング・パスでは入門者を対象としているため、事前の知識は必要ありません。ただし、モジュールを進めていく際はそれ以前のモジュールで学んだスキルと知識を利用します。具体的には、Visual Studio Code、Node.js、Kubernetes、Docker コンテナーの実用的知識が必要になります。

スキル・レベル

このラーニング・パスのスキル・レベルは入門者から中級者です。

所要時間

専門知識のレベルに依存しますが、このラーニング・パスのすべてのモジュールを完了するには約 12 時間かかります。内訳は次のとおりです。

  • ブロックチェーンの基礎 — 3 時間
  • ブロックチェーン・アプリケーションの構築を開始する — 2 時間
  • より高度なアプリに取り組む — 2 時間
  • 使用ケース: ブロックチェーンの実例 — 5 時間

モジュール

このラーニング・パスは以下のモジュールで構成されています。

ブロックチェーンの基礎

  • ブロックチェーンの基礎: 分散型レジャー入門

    このチュートリアルでは、ブロックチェーン・ネットワークの仕組み、ブロックチェーン・ネットワークを利用する方法、IBM が他の企業と協力して、広範囲にわたる業界でブロックチェーン・テクノロジーの進歩に貢献している取り組みについて見ていきます。

  • ブロックチェーンの基礎: 用語集と使用事例

    上記のチュートリアルの付録として作成されたこのリファレンス・ドキュメントでは、ブロックチェーン・テクノロジーの専門用語を解説するとともに、企業がこの強力な新しいテクノロジーから利益を得る仕組みを紹介しています。

  • IBM ブロックチェーンの基礎: 開発者向けクイック・スタート・ガイド

    このクイックスタート・ガイドでは、現在ブロックチェーン・テクノロジーについて調べているアプリケーション開発者を対象に、迅速に本番前のブロックチェーン・ネットワークを開始してサンプル・アプリケーションをデプロイし、クライアント・アプリケーションを開発してデプロイする手順を説明します。

ブロックチェーン・アプリケーションの構築を開始する

  • IBM Blockchain VS Code 拡張機能を使用してスマート・コントラクトを開発する

    IBM Blockchain Platform の VS Code 拡張機能を使用して、スマート・コントラクトを開発、テスト、デプロイするプロセスを簡素化する方法を説明しています。このチュートリアルで、VS Code を使用してローカル Hyperledger Fabric ネットワークを迅速に開発、デモ、デプロイする方法を学んでください。

  • 初めてのブロックチェーン・アプリケーションを構築する

    この開発者向けコード・パターン・シリーズでは、実際に機能するブロックチェーン・アプリケーションの構築プロセスを、手順に沿って説明します。基本的なブロックチェーン・ネットワークを構築し、ブロックチェーン・スマート・コントラクトを作成して実行し、ブロックチェーン・プラットフォームからイベントを発行する方法を学ぶことができます。

より高度なアプリに取り組む

使用ケース: ブロックチェーンの実例

  • ブロックチェーン対応の保険アプリを構築する

    ブロックチェーンは金融機関による取引の方法を革命的に変化させていますが、保険業界もその例外ではありません。このコード・パターンでは、保険の販売と請求の両方を容易にする、Hyperledger Fabric を使用した Web ベースのブロックチェーン対応アプリをどのようにして実装するのかを説明します。

  • 公正取引サプライチェーン・ネットワークを作成する

    コーヒー小売業者のサプライ・チェーンの可視性と効率性を高めるブロックチェーン・アプリを作成し、追跡可能なコーヒー取引を可能にする方法を説明します。農業経営者、焙煎業者、そして取引に関与するすべての関係者がより新鮮で、より公正に取引されたコーヒーを消費者に届ける上で、ブロックチェーンが役立つ仕組みを理解してください。

  • IBM Blockchain Platform の VS Code 拡張機能を使用して、国際金融対応のブロックチェーン・アプリケーションを作成する

    このアプリケーションではブロックチェーン・テクノロジーを使用して、ネットワークのさまざまなメンバー (買い手、売り手、プロバイダー、配送業者、金融会社) が特定の注文に対して行ったアクションを追跡します。このコード・パターンでは、アプリケーションで前述のアクションを追跡する仕組みを説明します。さらに、業種を問わずに適用できる紛争解決についても取り上げます。

次のステップ

  • IBM Developer Blockchain ハブにアクセスして、他にもブロックチェーンの学習資料を見つけてください。

  • IBM Developer Blockchain Newsletters でブロックチェーンの開発に関する最新情報を入手してください。今すぐ購読して、最新号をご覧ください。

  • IBM Blockchain Platform の詳細を調べて、このプラットフォームをビジネスに役立てる方法を探ってください。

  • Twitter で IBM Developer をフォローしましょう。