IBM Developer Blog

IBM Developer サイトで最新の出来事をフォローし、情報を入手しましょう。

毎週の出来事をまとめた週刊レポートで、社会を良くするためのテクノロジー、ソリューションのリソース、応募締め切りへのカウントダウンについてご確認ください。


ハッカソン

Call for Code® の力は、この大規模な #TechforGood イニチアチブを中心に構築されたグローバル・コミュニティーにあります。中心的なプロジェクトで進行中のデプロイメントにしても、クラウド内でスターター・キットを利用している開発者にしても、もしくはエコシステムに参加したパートナーにしても、このコミュニティーにはさまざまなニュースが溢れています。速報 Call for Code では、世界中で進められている素晴らしい #TechforGood 活動にまつわるニュースにハイライトを当てています。この活動の最新情報を入手するには、この速報を頼りにしてください。ここでは、7 月 27 日の週のニュースを抜粋してご紹介します。

Disaster Resiliency スターター・キットを使用してアプリを構築しましょう

IBM Developer Advocate の Mridul Bhandari が HERE Technologies と協力し、Disaster Resiliency スターター・キットを使用して iOS および Android 対応のアプリを構築する方法を解説する Web セミナーを開催しました。今すぐ Call for Code ソリューションを開発するためにすぐに手に入る、新しいツールについて学んでください。続きを読む

Tech for Good をアクセシビリティー対応に

IBM は Consumer Technology Association (CTA) Foundation のエグゼクティブ・ディレクターを務める Steve Ewell 氏との座談会で、障害を持つアメリカ人法 (ADA) の制定 30 年周年を鑑みて Tech for Good について話し合いました。この財団法人は障がいを持つ人々を考慮したテクノロジーの開発を強力に支持していることから、Steve 氏はこの苦難の時代にこうした人々が直面している具体的な問題を話してくれました。続きを読む

会話型 AI チャットボットが危機対応や災害対応の強化に果たす役割とは

David Clark Cause によって設立された Call for Code に、共同設立者の IBM と公益団体の国連人権委員会とともに設立当初から賛同している IntelePeer では、Call for Code はテクノロジーによるソリューションを利用して全世界の人々を助ける機会であると捉えています。続きを読む

コミュニティーのコラボレーションを促すモバイル・アプリを創り出しましょう

IBM Developer Advocate の Faiz Hasan は HERE Technologies の協力の下、コミュニティーのコラボレーションを促進するモバイル・アプリの作成方法を焦点とした Web セミナーを開催しました。この情報を参考に、独自の Call for Code ソリューションを構築する方法を考案してみてはいかがですか。続きを読む

今すぐ Call for Code にソリューションを応募しましょう!

残り時間はあとわずかです!2020 Call for Code Global Challenge への応募ソリューションに必要になるかもしれない、最後の一連のリソースを確認してください。応募ポータルは 7 月 31 日午後 11:59 (太平洋夏時間) にクローズします。お急ぎください!続きを読む

ibm.biz/callforcodedaily にアクセスすると、他にも #TechforGood ニュースを確認できます。インスピレーションを得て、Call for Code の呼び掛けに参加しましょう。