機械学習モデルを構成し、モニタリングし、理解する

このシリーズは、ラーニング・パス「Getting started with Watson OpenScale」を構成するコンテンツです。

レベル トピック タイプ
101 AI に信頼感を植え付ける 記事
102 IBM Watson OpenScale と AI Fairness 360: 相性抜群の新しい 2 つの AI 分析ツール ブログ
103 IBM Watson OpenScale の導入 チュートリアル
201 Watson OpenScale でモデルをモニタリングする コード・パターン
301 場所を問わずにあらゆるモデルで OpenScale を利用する シリーズ

IBM Watson™ OpenScale は、組織が人工知能 (AI) をそのライフサイクル全体にわたって自動化および運用できるようにすることを目的としたオープン・プラットフォームです。Watson OpenScale は、IBM Cloud、IBM Cloud Private、または他のプラットフォーム上に AI モデルと機械学習モデルを管理するための強力な環境を提供します。Watson OpenScale には次の利点があります。

オープン・デザイン: Watson OpenScale は機械学習モデルと深層学習モデルの正常性 (パフォーマンスならびに精度、結果の公平性) に関する洞察を提供します。どのフレームワークまたは統合開発環境を使用して作成されたモデルでも、どのモデル・ホスティング・エンジン上にデプロイされたモデルでも、あらゆるモデルに対応します。

より公平な結果: Watson OpenScale はモデルのバイアスを検出し、潜在的な公平性の問題を明らかにしてバイアスを軽減できるよう支援します。バイアスが検出されると、Watson OpenScale はバイアスを排除したバージョンを自動的に作成し、そのモデルをデプロイ済みモデルと併せて実行します。したがって、ユーザーは元のモデルを置き換えることなく、期待される、より公正な結果のプレビューを確認できます。

トランザクションの説明: 企業が AI を注入したアプリケーションの透明性と監査可能性を確保できるよう、Watson OpenScale は個々のトランザクションについての説明を生成します。生成される説明には、各属性の予測と重み付けに使用された属性も含まれます。

Watson OpenScale は次の機械学習エンジンをサポートしています。

開始方法

以下のコード・パターンで、サポート対象の機械学習エンジンのそれぞれを使用して Watson OpenScale を使い始める方法を説明しています。

タイトル タイプ
Monitor Watson Machine Learning models with Watson OpenScale コード・パターン
Watson OpenScale を利用してカスタム機械学習モデルをモニタリングする コード・パターン
Watson OpenScale を利用して Azure での機械学習モデルをモニタリングする コード・パターン
Watson OpenScale を利用して SageMaker での機械学習モデルをモニタリングする コード・パターン
Monitoring the model with Watson OpenScale on IBM Cloud Pak for Data コード・パターン

リソース

Watson OpenScale の詳細については、以下のページを参照してください。

タイトル タイプ
IBM Cloud 上の Watson OpenScale サービス カタログ
Automate and operationalize your AI with Watson OpenScale ブログ