ラーニング・パス: Model Asset Exchange 入門

概要

IBM Developer 上の Model Asset Exchange には、テキスト、画像、音声、動画の処理といった一般的なアプリケーション分野に向けて数々の最先端オープンソース深層学習モデルが用意されています。開発者は Model Asset Exchange 上で必要なモデルを検索し、無料で利用することができます。キュレートされたモデルのリストには、ローカルで、またはクラウド内の Docker や Kubernetes 上でマイクロサービスとして実行できるデプロイ可能なモデルもあれば、独自のデータを使用してトレーニングできるモデルもあります。

目標

このラーニング・パスを完了すると、以下の知識とスキルを身に付けることができます。

  • デプロイ可能な (すぐに使える) 深層学習モデルとトレーニング可能な (使用する前にカスタマイズする) 深層学習モデルを Model Asset Exchange 上で検索して調べる
  • Docker 上にモデル対応マイクロサービスをデプロイする
  • Red Hat OpenShift コンテナー・プラットフォーム上にモデル対応マイクロサービスをデプロイする
  • Node.js または Python Web アプリケーションからマイクロサービスを利用する
  • Node-RED フローからマイクロサービスを利用する
  • サーバーレス・アプリケーションからマイクロサービスを利用する
  • JavaScript を使用して Web ブラウザー内でマイクロサービスを利用する
  • サンプルの Model Asset Exchange コード・パターンに取り組む

前もって必要となる知識

このラーニング・パスでは入門者を対象としているため、事前の知識は必要ありません。

スキル・レベル

このラーニング・パスのスキル・レベルは入門者です。

所要時間

このラーニング・パスを完了するための推定所要時間は、約 3 時間です。

モジュール

このラーニング・パスは、以下のモジュールで構成されています。