IBM Developer Japan Webサイトは2021年3月15日をもって終了となり、日本語コンテンツの一部は、オープンソースとして、提供予定です。 URLはこちら

IBM Developer Blog

IBM Developer サイトで最新の出来事をフォローし、情報を入手しましょう。

学生たちがグローバル・ソリューションで AI、ブロックチェーン、データを駆使し、気候変動および COVID-19 との戦いに挑んでいます。


Call for Code のこれまでの歴史を振り返ると実感することですが、ソリューションはどこからでも、誰によっても生み出される可能性があります。Call for Code は毎年、さまざまな経歴を持つ世界中の参加者たちに、最も切迫した社会問題について自分なりの考えを示し、こうした課題に潜む問題を見つけて、その問題に対処するソリューションを構築するよう促しています。地球規模の問題に取り組むには、地球規模のアクションが必要です。これまで Call for Code 大学部門では、COVID-19 と気候変動の問題に挑む世界中の学生のコミュニティーから、数百もの前途有望なソリューションが生まれてきました。今年の大学部門で最終選考作品として選ばれた、上位 5 つのソリューションを発表いたします。

Kairos App、アンデス大学 & ハベリアーナ大学 (コロンビア)

COVID-19 感染予防を目的としたロックダウンにより、コロンビアでは企業の 20% 以上が余儀なく休業に追い込まれ、失業率が急上昇しています。Kairos App は、企業がソーシャル・ディスタンシングのガイドラインに従って事業を再開できるよう作成されたソリューションです。IBM Watson™ Machine LearningThe Weather Company API を利用したこのアプリは、顧客を円滑に受け入れられるよう、事業所または店舗に訪れる人の数を数学モデルで予測して、より正確なリソース計画を可能にします。

Lupe、ウルバーハンプトン大学 (英国)

小規模な飲食店の多くが COVID-19 による深刻な影響を受ける中、日持ちのしない大量の商品が冷蔵庫や棚にしまい込まれたまま、最も必要としている人々の手に渡らない状況になっています。英国のグループが IBM BlockchainIBM Kubernetes Cluster を利用して作成した Lupe というソリューションは、中小規模ビジネスがデジタル方式で地域社会内の顧客を簡単に見つける方法を提供するソリューションです。食品が売れていなければ、その食品を地元のチャリティーやフード・バンクに配布するための手段を提示します。

Pandemap、カリフォルニア大学バークレー校 (米国)

ソーシャル・ディスタンシングが新しい日常になっていますが、大学などの大規模な組織や機関では、集団の流れをモニタリングして測定するのは困難です。そこで、インド人、トルコ人、日本人のメンバーからなる国際的チームが、Pandemap アプリを開発しました。Pandemap アプリは IBM Watson StudioIBM Cloud Object Storage を利用して、各種のデータ・ソースを基に、人混みを避けて移動するのに推奨される経路を個々のユーザーに提示します。管理者は集約されたビューを見ながら、人で混み合う場所を予測してユーザーの経路を調整できます。

Plant-It、ジャマイカ技術大学 (ジャマイカ)

森林破壊、プラスチック汚染、輸送に関する深刻な問題をはじめ、さまざまな原因によって気候変動が進んでいます。こうした気候変動の進行を食い止めるために、ジャマイカのチームが Plant-It というアプリを開発しました。このアプリは、ユーザーが植物を育てて食料を自給できるようサポートするソリューションです。IBM Cloud Push Notifications サービスを利用した Plant-It には、苗の受け取り、スマートフォン上での庭の設計、生産した野菜を地域社会内で売るためのオークション・システムまで、さまざまな機能が備わっています。

Rechargd、シドニー大学 (オーストラリア)

従来型の自動車よりも二酸化炭素排出量が 70% 少ない電気自動車 (EV) がもたらすメリットは否定しようがありません。多くのドライバーは EV に乗り換えることに関心を寄せていますが、充電ステーションの不足が EV の普及を遅らせています。オーストラリアのチームがこの問題のソリューションとして作成したのが、EV 共有プラットフォーム Rechargd です。このプラットフォームは自家用充電ステーションの所有者と、充電を必要とする EV ドライバーを結び付けます。IBM Cloud FoundryIBM Cloudant で構成されたこのプラットフォームを使用すれば、充電ステーションの所有者は空き時間や物理的資産を収益化できる一方で、消費側としては供給の増加を通じて、価格が低下し、利用しやすくなります。

大学部門の 5 つの最終選考作品として選ばれたソリューションを作成したチームはいずれも、才能とテクノロジーが結び付くと素晴らしい結果が生れることを実証するものです。Kairos App、Lupe、Pandemap、Plant-It、Rechargd のうち、大学部門の最優秀賞を獲得するのは、どのソリューションでしょうか?10 月 13 日に行われる授賞式をお見逃しなく!