InterPlanetary File System をベースに初めてのプライベート・ブロックチェーン・ネットワークを構築する

概要

最近では、ブロックチェーン・テクノロジーでもクラウド・テクノロジーでも分散型ストレージの需要が高まってきています。多くのブロックチェーンではデータの整合性を証明するために構造化データ・ストレージを使用していますが、非構造化データ・ストレージでも、クラウドでの場合と同じように信頼性とプライバシーを確保できるようにする必要があります。InterPlanetary File System for Business (IPFSfB) を使用すると、ブロックチェーン内で非構造化データの分散型ストレージを実現できます。このコード・パターンでは、あらゆるブロックチェーンに対応する IPFSfB を使用して、このようなプライベート・ストレージ・ネットワークをエンタープライズ形式で構築する方法を説明します。

説明

データ損失、重複、改ざん、コンテンツのアドレス指定は、多くの企業と開発者が直面する課題です。こうした問題をまとめて解決する、包括的なストレージ・ソリューションがあります。それが、InterPlanetary File System for Business (IPFSfB) です。

InterPlanetary File System をベースとした IPFSfB は、Git MerkleDAG、BitTorrent Bitswap プロトコル、そして Kademlia DHT の機能を結合し、暗号化ツールを使用して libp2p プロトコルに基づくプライバシー・レイヤーを構築します。

このコード・パターンでは、Hyperledger Fabric の Building Your First Network (BYFN) サンプルから得た発想を基に、Docker と Docker Compose を使用して IPFSfB を作成します。この方法を取れば、あらゆるプラットフォームやコンピューター上で IPFSfB を迅速に起動して、あらゆるブロックチェーンが非構造化データを保管できるエンタープライズ形式の分散型プライベート・ストレージ・ネットワークを実行することができます。

このコード・パターンでは、IPFSfB を使用してエンタープライズ形式の分散型プライベート・ストレージ・ネットワークを構築する方法を説明します。

フロー

フロー 1 フロー 2

フロー 1: コントリビューターの場合

  1. ソース・コードを取得します。
  2. ツールまたはイメージをローカルで作成します。
  3. バグを見つけ、問題を作成して改善を加えることでコントリビューションを開始します。

フロー 2: ユーザーの場合

方法 1

  1. ショートカット URL を使用してシンプルなネットワーク・パッケージを取得します。
  2. シェル・スクリプトを使用してプライベート・ネットワークを起動した後、ステップ 8 までスキップしてプライベート・ネットワーク上での操作を行います。
  3. Docker コンテナーを起動して、各コンテナーにアクセスします。
  4. コンテナー内でプライベート・ネットワークの設定を構成します。
  5. コンテナーを終了し、Swarm キーを生成します。
  6. 生成された Swarm キーを各コンテナーにコピーします。
  7. コンテナーを再起動して、プライベート・ネットワークをアクティブにします。
  8. コンテナーにアクセスします。ユーザーはプライベート・ネットワーク上の通信機能を使用して、例えば次の操作を行うことができます。
    • ネットワークへのファイルのアップロード、ファイルの表示、ネットワークからのファイルのダウンロード。
    • ネットワーク上での Web サイトのホスティング。
    • その他多くの機能

方法 2

  1. ソース・コードを取得します。
  2. sample ディレクトリー内の simple network フォルダーにカレント・ディレクトリーを変更し、上記の方法 1 のステップ 3 を実行します。
  3. 方法 1 のステップ 4 を実行します。
  4. CLI コンテナーにアクセスします。
  5. CLI コンテナー内で Swarm キーを生成し、そのキーをローカル・ファイル・システムにコピーします。
  6. 方法 1 のステップ 6 を実行します。
  7. 方法 1 のステップ 7 を実行します。
  8. 方法 1 のステップ 8 を実行します。

手順

詳細な手順については、README ファイルを参照してください。