新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

IBM Developer Blog

IBM Developer サイトで最新の出来事をフォローし、情報を入手しましょう。

Appsody というオープン・プロジェクトが提供する一連のツールと機能を使用すると、クラウド内で実行されるというだけでなく、クラウド・ネイティブのアプリケーションを開発することができます。ここでは、このテクノロジーの概要を紹介します。


Appsody は、クラウド・ネイティブのアプリケーションを作成するために使用できる一連のツールと機能を揃えたオープン・ソース・プロジェクトです。

強力で直観的な CLI を使用して、コンテナー化された一連の実行、テスト、デバッグ環境内でアプリケーションを開発し、そのアプリケーションをビルドして Kubernetes にデプロイできます。

Appsody のコア・コンポーネントは、Node.js、Eclipse Microprofile、Quarkus、Spring Boot などのよく使われているオープン・ソースのランタイムとフレームワークに対応する一連の事前構成されたスタックとテンプレートです (サポート対象のランタイム、フレームワークは次々に追加されています)。これらのスタックは、Kubernetes および Knative にデプロイするアプリケーションを構築する基盤としての役割を果たします。

Appsody のスタックがサポートする開発機能は多岐にわたり、ベスト・プラクティスに従ったコンテナー・イメージ内での基本的なアプリケーションのパッケージ化から、ドメイン固有の API と REST API を作成するためのライブラリーを使用したサーバーレス Cloud Functions の作成にまで対応します。スタックには、指標および可観測性と併せてライブネス・チェックやレディネス・チェックなどのクラウド・ネイティブの機能が含まれています。

Appsody のスタックは、特定の開発要件に応じてカスタマイズできます。また、スタックに含まれるテクノロジーも制御、構成できます。スタックをカスタマイズする場合、単一の制御ポイントから、そのスタックに基づいて作成されるすべてのアプリケーションに変更をロールアウトできます。

Appsody の動作をご覧ください

下の動画で、Appsody CLI の概要と、Node.js Express スタックを使用してクラウド・ネイティブ Express.js アプリケーションを作成、実行、デバッグ、テスト、ビルド、デプロイする際のワークフローを紹介しています。

開始方法

開始する準備はできていますか?Medium に用意されている一連のチュートリアルに従って、Appsody の使用方法を学んでください。このアカウントには継続的に新しいコンテンツを追加しています。あるいは、クイック・スタート・ガイドを参考に、Express を使用して Node.js アプリを作成することもできます。

プロジェクトに貢献してください

IBM は、このプロジェクトおよびコミュニティーを成長させるには公開するのが一番の方法だと信じています。ぜひ、プロジェクトに関与してコードを貢献してください。IBM と協力する方法については、行動規範をご確認ください。

プロジェクトに貢献したくても、どこから始めればよいかわらないという場合は、Slack のチャットを利用してお問い合わせください。正しい方向へ進めるよう喜んでお手伝いします。

現在、IBM はさまざまなフレームワークの所有者と協力して、開発者がさらに多くのスタックを使用できるよう取り組んでいるところです。プロジェクトをリリースした後の最初の 1 か月で、使用可能なスタック数は 2 倍に増えました。

Kabanero との関連

Appsody は Kabanero 内で使用されます。Kabanero は、基礎的な複数のオープン・ソース・テクノロジーを最新のマイクロサービス・ベースのフレームワークに統合したオープン・ソース・プロジェクトです。Kabanero の包括的フレームワークには、Appsody のスタックとテンプレートが統合されています。

引き続き Appsody の詳細を調べてください。