新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

ラーニング・パス: Watson Studio 入門

レベル トピック タイプ
100 IBM Watson Studio 入門 記事
101 IBM Watson Studio を使用したデータの視覚化、準備、変換 チュートリアル
201 IBM Watson Studio 内でモデルの作成を自動化する チュートリアル
301 IBM Watson Studio 内で SPSS Modeler フローを作成する チュートリアル
401 IBM Watson Studio 内で Jupyter Notebook を使用してモデルを作成する チュートリアル

このラーニング・パスの対象読者は、IBM® Watson™ Studio をすぐに使いこなせるようになりたいと望んでいるすべての Watson Studio ユーザーです。Watson Studio は試験からデプロイまでのプロセスを、データ探索、モデル開発、トレーニングを含め、単純化します。このラーニング・パスは、Watson Studio を利用してデータを処理するプロセスを手順に沿って説明する複数のチュートリアルで構成されています。

ラーニング・パスを開始するには、下のカードをクリックしてください。または、このラーニング・パスで取り上げるすべてのトピックを記載している上の表から、お望みのトピックにアクセスすることもできます。

IBM Watson Studio 入門


学習内容:

  • Watson Studio の概要
  • データ・サイエンスの手法
  • 一般的なアーキテクチャー
  • Machine Learning サービス
  • 用語と概念

IBM Watson Studio を使用したデータの視覚化、準備、変換


学習内容:

  • データの把握
  • Cognos ダッシュボードでのデータの視覚化
  • データの準備
  • Refine を使用したデータの変換

IBM Watson Studio 内でモデルの作成を自動化する


学習内容:

  • AutoAI Experiment
  • データの前処理
  • モデルの自動選定
  • 自動化された特徴エンジニアリング
  • ハイパーパラメーターの最適化

IBM Watson Studio 内で SPSS Modeler フローを作成する


学習内容:

  • SPSS データ・フロー
  • データ・フロー・パイプライン
  • モデルを作成する
  • モデルをデプロイしてテストする

IBM Watson Studio 内で Jupyter Notebook を使用してモデルを作成する


学習内容:

  • ノートブックを作成して実行する
  • ノートブック内でデータを視覚化して準備する
  • ノートブック内でモデルを作成してテストする
  • Machine Learning サービスを利用してモデルをデプロイする


次のステップ: IBM Watson Studio 入門