IBM Developer Blog

IBM Developer サイトで最新の出来事をフォローし、情報を入手しましょう。

毎週の出来事をまとめた週刊レポートで、Grillo の OpenEEW とオープンソース・プロジェクトの最新情報をご確認ください。


開発者

Call for Code® の力は、この大規模な #TechforGood イニチアチブを中心に構築されたグローバル・コミュニティーにあります。中心的なプロジェクトで進行中のデプロイメントにしても、クラウド内でスターター・キットを利用している開発者にしても、もしくはエコシステムに参加したパートナーにしても、このコミュニティーにはさまざまなニュースが溢れています。速報 Call for Code では、世界中で進められている素晴らしい #TechforGood 活動にまつわるニュースにハイライトを当てています。この活動の最新情報を入手するには、この速報を頼りにしてください。ここでは、8 月 10 日の週のニュースを抜粋してご紹介します。

災害発生時に人々のライフラインを確保しようと取り組む、コロンビアのプログラマー

多くの場合、悪天候の中で真っ先に発生する問題の 1 つは停電と通信システムの停止です。損害を受けたインフラストラクチャーは修復作業の安全が確認されてからでなければ始められません。それまでの間、人々は暗闇の中に置き去りにされ、緊急対応サービスにも連絡できなくなります。人々がインターネットにアクセスして遭難信号を送れるようにする手段があれば、負傷者の場所を特定して命を救うことができます。続きを読む

Grillo の早期地震警報システムがオープンソース・プロジェクトとしてサポートされるようになりました

近い将来起こりそうな地震の影響を受ける範囲内にいる場合、一瞬一瞬がものを言います。散らばった家族が集合するにしても、周りのものを固定するにしても、安全な場所を見つけるにしても、最も貴重なのは時間です。クラウドソーシング型警報システムの Grillo によって、この地震発生前の貴重な時間を確保できるようになります。続きを読む

Persistent Systems 賞を獲得した CALMH は、被災地のコミュニティーに精神面での医療資源を届けます

自然災害時に政府が通常優先するのは、人命を救い、人々を危険から遠ざけることです。このことを考えると、緊急対応で物理的な安全とセキュリティーが重視されるのは当然のことでしょう。けれども自然災害によるトラウマは、精神的健康にも大きな害をもたらし、心的外傷後ストレス、鬱病、不安神経症など、災害を生き延びた被災者の多くが複雑な問題を抱えやすくなる恐れがあります。続きを読む

データ・サイエンティストや政策立案者がリアルタイムで COVID-19 データを分析できるよう、Jupyter Notebook でサポート

詳細な分析を促進する手段として、開発者にとって使いやすい Jupyter Notebook を使用したツールキットが設計されました。例えば、Jupyter Notebook を使用して、米国の郡別のデータを分析し、貧困レベルと感染率の相関関係を調べることができます。続きを読む

緊急時の輸血用血液を補充できるようにする、東アフリカのプロジェクト Alpha

自然災害発生時にとりわけ管理するのが難しい状況の 1 つは、災害によるけが人の増加です。皮膚の傷から臓器障害、緊急外科手術に至るまで、多くの生存者には医学的介入が必要になります。特に輸血となると、その必要性は増してきます。輸血用血液は限られていて瞬く間に払底するので、適合する血液提供者がすぐそばにいるとしても、人命を救うための治療が遅れたり、治療そのものが不可能になったりします。続きを読む

ibm.biz/callforcodedaily にアクセスすると、他にも #TechforGood ニュースを確認できます。インスピレーションを得て、Call for Code の呼び掛けに参加しましょう。