新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

モノのインターネット (IoT) 入門

これらの記事とチュートリアルで IoT テクノロジーの基礎を学び、IoT を実践してください。

IoT とは何か

モノのインターネット (IoT) とは、デバイスをインターネットおよび他の接続されたデバイスにつなげることです。接続されたすべてのデバイスが、その使用方法と周囲の環境に関するデータを共有します。

実践に移す

手順とサンプルを案内するチュートリアルに取り組んで、IoT のコンセプトを実際に適用してください。

ポケットの中のデバイスで始める: スマートフォン

1-2 hours

スマートフォンからクラウドにセンサー・データを送信する方法を学んでください。このチュートリアルでは、スマートフォン上のセンサー・データを読み取って送信するスマートフォン・アプリを作成した後、そのデータを処理、視覚化、保管するクラウド・アプリを作成します。

Raspberry Pi を使用してスマート・ドアベルを作成する

3-4 hours

わずか 4 つのステップで、単純な IoT ソリューションとしてスマート・ドアベルを作成する方法を学ぶことができます。チュートリアルではまず、センサーを Raspberry Pi に接続してから、Pi をセットアップして構成する方法を説明します。続いて、ホーム・オートメーション・システムのロジックをセットアップする Node-RED フローの作成方法を説明します。そして最後に、プロトタイプ化したシステムを設置して使い始める方法を説明します。

次のステップ

より複雑な IoT ソリューションを構築するための幅広く奥の深いアーキテクチャーの数々を調べてください。

アーキテクチャー・センター: 接続されたデバイスから洞察を引き出すための IoT

IBM Cloud IoT、データ、AI サービスを利用して、IoT デバイスに接続してスケーラブルなアプリと視覚化ダッシュボードを作成し、IoT データから洞察を引き出してください。