ラーニング・パス: IoT 開発のスキルを磨く

概要

モノのインターネットは単なるテクノロジーのトレンドではありません。これは、テクノロジーの革命です!日常的に使用するデバイスにセンサーを埋め込んでインターネットに接続し、これらのデバイスが収集するデータにアナリティクスを適用するモノのインターネットにより、私たちの身の回りのモノはよりスマートになっています。モノのインターネットによるテクノロジー革命に参加するには、より複雑な IoT ソリューションのアーキテクチャー、設計、開発のベスト・プラクティスを詳しく探る必要があります。

目標

このラーニング・パスを完了すると、以下の目標を達成できます。

  • IoT プロジェクトに標準的な IoT アーキテクチャーを適用する方法を理解する
  • IoT ソリューションに見られる最悪のセキュリティー問題のいくつかを回避する
  • IoT デバイスを最適に管理する方法を把握する
  • IoT データを保管し、その IoT データを分析し、IoT データに基づく意思決定を行うためのルールを適用する
  • 大規模な IoT プロジェクトを開始する方法を理解する
  • Python、MQTT、UDP、IBM Watson IoT Platform を使用して IoT デバイスと IoT アプリケーションを開発する

前提知識

このラーニング・パスに従うには、その前にラーニング・パス「ラーニング・パス: IoT 開発入門」を修了する必要があります。

スキル・レベル

中級

所要時間

約 5 時間

モジュール

このラーニング・パスは以下のコンテンツで構成されています。

  • Article
    IoT アーキテクチャーによって IoT ソリューションの開発を単純化する

    データ駆動型 IoT アーキテクチャーを計画する際は、この記事で説明する戦略を適用してください。これらの戦略は、開発を単純化し、複雑さに対処するのに役立ちます。さらに、IoT ソリューションのスケーラビリティー、柔軟性、堅牢性を確保する上でも効果があります。

  • Tutorial
    IoT データを理解する

    IoT データを保管して分析し、ルールを適用してデータに基づくアクションを実行する際のベスト・プラクティスを学んでください。

  • Tutorial
    IoT デバイスを管理する

    スケーラビリティーや可用性をはじめとする多くの IoT デバイス管理の課題に対処するのに役立つ、IoT デバイス管理プロトコルおよび機能について説明します。

  • Tutorial
    ドア監視システムの開発を通して IoT のスキルを磨く

    このチュートリアルでは、ドア監視システムを構築するために、コードの内容を詳しく探り、スケーラブルな IoT システムのアーキテクチャーと設計、アナリティクス、セキュリティーなどの側面に目を向けます。