Call for Code 準優勝者: AI を使用して改造の可能性を判断する PD3R

ネパールでエンジニアとして働く Nirmal Adhikari は、地震がもたらす惨状をじかに目にしました。彼はまた、被害状況を評価したくても、なかなかコミュニティーにアクセスできないフラストレーションも実感しました。 「バスや交通機関で現地に辿り着くことはできませんでした。アクセスが禁止されていたためです。大勢のエンジニアを配置しなければならなかったのですが、それには相当な時間がかかりました」。2015 年のネパール大地震を振り返り、Adhikari はこのように言いました。「このことが理由で、私たちは多くの人手を要することなく迅速に作業を行えるよう、何か対策を取らなければならないと思ったのです」。 Adhikari と、Build Change で働く彼の同僚たち (Lakshyana K.C.、Nicolas Ortiz、Shreyasha Paudel、Kshitiz Rimal) は、人工知能によって検査を自動化し、地震で住む場所を追われた人々がすぐに自宅に戻れるようにできないかと考えました。 彼らがチームとして作り上げたのが、この Post-Disaster Rapid Response Retrofit (PD3R) です。3D モデル画像で学習した...

続けて読む Call for Code 準優勝者: AI を使用して改造の可能性を判断する PD3R

Call for Code 優勝者: モバイル・ホットスポットとダッシュボードによって災害発生後のコミュニティーを支援

昨年メキシコ・シティーでマグニチュード 7.1 の地震が発生したとき、Subalekha Udayasakar はインターネットへの接続を失うと、いかに無力であるかを実感し、その混沌を目の当たりにしました。 「大勢の人々がインターネットに接続できなかったため、救助の手を差し伸べることができなかったのです」と、彼女は言います。「それに、被害に遭った人たちが実際にどのような状況に置かれているかについても、まったく見当がつきませんでした」。 この体験を機に、Subalekha と彼女のチームメイト (Jonah Model、Katie Mathews、Gandharv Patil、Matthew Malin) は災害への対応と復旧の最中に市民と救助隊がオンラインでつながり続ける方法を生み出しました。 ハードウェアとソフトウェアで編成された、この Project Lantern というソリューションは、2018 Call for Code Global Challenge で最優秀作品に選ばれました。Project Lantern...

続けて読む Call for Code 優勝者: モバイル・ホットスポットとダッシュボードによって災害発生後のコミュニティーを支援

Call for Code 優勝者: 緊急支援ネットワークで中断のない銀行サービスを実現

史上最大の地震の 1 つとして数えられる 2008 年の四川大地震が発生したとき、中国農業銀行 (ABC) は被災者たちに緊急支援と金融サービスを提供しようと試みました。 けれども、銀行カードや写真付き ID を失くすなどといった、いくつかの泣き所が災害によって生み出され、同行は思うように顧客にサービスを提供できませんでした。 「この 10 年の間、世界中で多くの自然災害が発生しています」。ABC 研究開発センターで副総支配人を務める Wang Yi の言葉です。「私たちは被災者への金融サービスを改善することを目指しています」。 こうしたサービスの改善を目的に、ABC の開発者たちは Call for Code の呼びかけに応じ、United Aid Net...

続けて読む Call for Code 優勝者: 緊急支援ネットワークで中断のない銀行サービスを実現

OSC東京 SpringにIBM Developer Advocateが登壇します!

みなさまこんにちは、IBM Developer AdvocateのTaijiです。 明日、2月22日はOSC東京 Springです! 私は14時よりJavaアプリをIKS(IBM Cloud上のK8s)へデプロイする方法の開設をデモ交えながらやらせて頂きます。 こちらの内容は、Code Patternsでも紹介しております。 Spring Boot マイクロサービスを Kubernetes 上にデプロイする ご存じない方も多いのですが、IBM Cloudの多くの部分は、実はオープンソースで構成されているんですよ😎 ご予定お繰り合わせの上、ぜひお越しくださいね🙋‍♂️ https://www.ospn.jp/osc2019-spring/ #osc19tk #TryIBMDev #IBM #IBMDeveloper

続けて読む OSC東京 SpringにIBM Developer Advocateが登壇します!

IBM Developer へようこそ

新しい IBM Developer へようこそ! 私たちはこの新しいプロジェクトに大いに張り切っていますが、まずは皆さんについて、つまり開発者についてお話ししたいと思います。

続けて読む IBM Developer へようこそ