IBM Developer Japan Webサイトは2021年3月15日をもって終了となり、日本語コンテンツの一部は、オープンソースとして、提供予定です。 URLはこちら

Watson Discovery

データ・サイロを解消して、エンタープライズ・データ内から埋もれた情報を引き出す

データに隠された価値を解き放ち、答えを見つけ、傾向をモニタリングし、パターンを表面化することができます。