概要

Kubernetes やコンテナー・オーケストレーションについてまったく知らなくても Kubernetes の学習を始められるよう、このラーニング・パスはコンテナー化に必要となる基礎知識を学んだ上で、より高度なスキルを学習できるように設計されています。

目標

このラーニング・パスを完了すると、以下の知識とスキルを身に付けることができます。

  • コンテナーの基礎知識
    • イメージをビルドし、そのイメージを管理された環境で実行する
  • コンテナー化されたアプリケーションを構築し、そのアプリケーションを Kubernetes 上にデプロイする
    • 多層アプリケーションを開発する
    • アプリケーションを管理されたクラウド (IKS など) にデプロイする
    • アプリケーションをスケーリングする
    • 更新をデバッグしながらアプリケーションにロールアウトする
  • Kubernetes でのデプロイに Helm を使用するメリット
    • Helm チャートを使用してアプリケーションのインストールと管理を行う
  • Service Catalog によって Web サービスのプロビジョニングとアプリケーションへの接続が容易になる仕組み
  • Kubernetes を使用して各種のマイクロサービスをデプロイする方法
  • Kubernetes 内で稼働するアプリケーションの基本的なネットワーキング
  • RBAC を使用してアプリケーションのセキュリティーを確保する仕組み
    • ロールと、ロールのバインディングを作成する
    • サービス・アカウントを作成して、Kubernetes リソースへのアクセスをきめ細かく制御する
  • Istio サービス・メッシュをダウンロードしてインストールする方法
    • Istio Ingress Gateway をセットアップする
    • シンプルなトラフィック管理を行う
    • サービス・メッシュをセキュリティーで保護する
    • マイクロサービスを対象としたポリシーを適用する

前もって必要となる知識

このラーニング・パスで対象としているのは Kubernetes に初めて取り組む開発者ですが、それでも Linux、YAML、コマンド・ラインの基礎知識は必要になります。

スキル・レベル

このラーニング・パスのスキル・レベルは入門者です。

所要時間

このラーニング・パスを完了するための推定所要時間は、約 13 時間です。

モジュール

このラーニング・パスは、以下のモジュールで構成されています。

Kubernetes を扱うためにあらかじめ必要な知識

コンテナー: コンテナー化への移行を開始する

Kubernetes: エンタープライズ・コンテナー・オーケストレーション

アプリケーションのコンテナー化

Kubernetes 内でのアプリケーション管理

Kubernetes へのアプリケーションのデプロイ

Kubernetes アプリケーションのデバッグ/ロギング

Kubernetes でのネットワーキングとサービス

高度なネットワーキング: Istio

ワークロードのセキュリティー保護

お勧めする次のステップ

この Kubernetes ラーニング・パスを完了したら、次のステップに進むことをお勧めします。このパスで学んだ知識を次のレベルに引き上げてください。