IBM + Red Hat:両社協業のシナジー

IBM + Red Hat:両社協業のシナジー

IBMとRed Hat両社の協業シナジーはどのあたりにあるか

こんにちは。IBM Cloud のSai Vennamです。今回は皆さんの関心のあるテーマ『IBMとRed Hat』です。ホワイトボードを使って、協業のシナジーがどのあたりにあるのかをご説明します。

ビデオをお楽しみください。

IBM + Red Hat

今、私たちの考えは明快です。Red Hatはこれまでどおりで何も変わらないということです。Red Hatの独立性、社風も、オープンソースへの取り組み同様に維持していきます。

IBM and Red Hat

クラウドの次の章とは

私たちは今、とてもユニークな立場にあります。クラウドで開発されるアプリケーションが急速に広がっていますが、急速に複雑さも増しています。 クラウド・コンピューティングで次に必要になるのは、「柔軟性」と「選択」です。

最適なクラウド環境を正しく選択

アプリケーションの実行やモダナイズのための環境選定では、ゼロから「選択」を始められます。つまり、パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、オンプレミス環境から選択することができるのです。

You can choose public cloud, private cloud, or on-premise environments.

プラットフォームのレイヤー

そこに、Red Hatのオープンソース・テクノロジーがサポートするプラットフォームを構築します。

つまりRed Hat Enterprise Linux や OpenShift です。これらは、オープンソース・テクノロジーであるKubernetesを利用しています。

The platform layer.

「選択」に話を戻すと、OpenShiftでネイティブのKubernetesを使いたければ、それも選択肢のひとつです。

機能群のレイヤー

その上に、機能群レイヤーを構築します。魅力的な新しいアプリ開発に開発者が必要とするもので、データベース、好みのDevOpsツールチェーン、ミドルウェア・プラットフォームなどです。

The capabilities layer

例えば、J2EEアプリケーションの実行には、開発者は JBossや WebSphere Libertyを選べます。ユーザーがRed Hatや IBMのテクノロジーを選択するか否かに関わらず、今後もどちらもサポートしていきます。

サービス群のレイヤー

最終的に、これら全体を通してユーザーは価値の高いサービスを利用でき、魅力的な最新のアプリケーション開発ができるのです。ここが、IBMが得意とするところです。

The services layer

AIと機械学習の機能などが含まれます。

ハイブリッド、マルチクラウド・プラットフォーム

つまり、イノベーションを実現できるハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォームをゼロからどこにでも作れるのです。

私たちには OpenShiftや Red Hat Enterprise Linuxといった Red Hatが提供するオープンソース・テクノロジーとそれら一連のテクノロジーがすべて揃っています。

IBMのコミットメントとエンタープライズにおける専門知識、私たちのテクノロジーとが組み合わさりこれまで見たことのない方法でハイブリッド・クラウドへの新たな扉を開くのです。

お客様のため、ユーザーのための協業

結局のところ、それはすべてアイデアとなり、アイデアはアプリケーションに組み込まれ、アプリケーションはセキュリティー・ガイドラインやコンプライアンスに準拠した業界のベスト・プラクティスになります。

私たちの目的は、皆さんと同じ、ハッピーなユーザーになることです。

IBM and Red Hat are working together for a hybrid, multicloud approach.

Red HatとIBMの協業による相乗効果についてご覧いただき、ありがとうございました。