新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

従来型のオンプレミス・アプリを変換し、コンテナー化されたアプリとしてパブリックまたはプライベート・クラウドにデプロイする

概要

クラウドに移行すると利益のある既存のオンプレミス WebSphere® Application Server アプリがあるとしたら、このコード・パターンはうってつけです。単純なデモ・アプリを使用して、カスタム・データ・コレクターを実行してアプリを分析し、アプリの変換プロジェクトに役立つ推奨案、見積もりコスト、詳細なレポートを表示する方法を説明します。必要な成果物を生成し、アプリをクラウド上の Liberty コンテナー内にデプロイして実行する方法を理解できるはずです。

説明

このコード・パターンでは Transformation Advisor アプリを使用して、従来型のオンプレミス WebSphere Application Server アプリケーションを、パブリック・クラウドまたはプライベート・クラウド環境にデプロイする対象として評価します。Microclimate 開発環境で Transformation Advisor 統合を使用して、IBM Cloud Private 上で稼働する Liberty コンテナー内にアプリをデプロイする方法を学んでください。このパターンではまた、生成された移行用バンドルをダウンロードし、バンドルされた Helm チャートを使用して、コンテナー化されたアプリをパブリック・クラウド、具体的には IBM Cloud 上の Kubernetes Service にデプロイする方法も説明します。

サンプル Web アプリを使用して、オンプレミスからクラウドへのアプリケーションの移行をデモンストレーションします。

このコード・パターンを完了すると、以下の方法がわかるようになります。

  • Transformation Advisor を使用してカスタム・データ・コレクターを作成する
  • カスタム・データ・コレクターを実行して、従来型の WebSphere Application Server アプリケーションを分析する
  • Transformation Advisor によるレポートをレビューし、移行の複雑さ、コスト、推奨案を確認する
  • アプリをコンテナー化するための成果物を生成する
  • Microclimate を使用して、現代化するアプリを IBM Cloud Private に移行する
  • 生成した移行用バンドルを使用して、現代化するアプリを IBM Cloud 上の Kubernetes Service に移行する

フロー

フロー

  1. 開発者が Transformation Advisor からカスタム・データ・コレクターをダウンロードします。
  2. 開発者が従来型の WebSphere Application Server ホスト上でデータ・コレクターを実行します。
  3. データ・コレクターによる分析結果が (自動的に、または手作業で) アップロードされます。
  4. 開発者が Transformation Advisor 内で推奨案をレビューし、移行用バンドルを作成します。
  5. Transformation Advisor が Microclimate を介し、現代化するアプリをコンテナー化した Liberty アプリとして IBM Private Cloud 上にデプロイします。
  6. 開発者が移行用バンドルをダウンロードします。
  7. 開発者が Docker を使用してイメージをビルドし、そのイメージを IBM Cloud コンテナー・レジストリーにアップロードします。
  8. 開発者が、生成された Helm チャートを使用して、現代化するアプリをコンテナー化された Liberty アプリとして IBM Cloud 上の Kubernetes Service にデプロイします。

手順

このコード・パターンに関する詳細な手順は、GitHub リポジトリー内にある README に記載されています。

  1. Microclimate の前提条件を確認します。
  2. Transformation Advisor の操作を開始します。
  3. データ・コレクターをダウンロードして実行します。
  4. 必要に応じて結果をアップロードします。
  5. 推奨案と見積もりコストを確認します。
  6. 移行用バンドルを作成します。
  7. GitHub または GitLab リポジトリーを作成します。
  8. アプリケーションをデプロイします。
  9. IBM Cloud 上の Kubernetes Service にアプリケーションをデプロイします。