新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

大量のデータにアクセスできるポータルを作成する

概要

z/OS® Connect を利用して Db2® データベースと CICS® アプリケーションのデータを公開し、IBM API Connect® を利用してそのデータにアクセスするための API を作成する方法を学んでください。

説明

このコード・パターンは、クラウド・テクノロジーによって z/OS システム上に保管されたデータにアクセスする方法を説明する Example Health コード・パターン・シリーズの一環として作成されたものです。Db2 データベースと CICS アプリケーション上に保管された大量のデータにアクセスする手段が必要だったため、z/OS Connect と API Connect を利用して REST API を介してデータを公開することにしました。z/OS Connect を使用すると、他社製品との差別化を図る既存の IBM アセットの力を、RESTful API によって解き放つことができます。また、API Connect を利用すると、API 作成を自動化し、アセット・ディスカバリーを単純化し、開発者のセルフサービス・アクセスを可能にできるとともに、組み込みのセキュリティーとガバナンスを利用できます。このコード・パターンでは、z/OS Connect を利用して Db2 と CICS のデータを REST API として公開した上で、API Connect を利用して、これらの API に簡単にアクセスできる直観的なポータルを作成します。

このコード・パターンの対象読者は、IBM Z®、z/OS、Eclipse ツール (IBM Explorer for z/OS など) に関する中級レベルの知識と経験を持つ開発者です。

このコード・パターンをひと通り完了すると、以下の方法がわかるようになります。

  • z/OS Connect を利用して、CICS アプリケーションと Db2 のデータを REST API で公開する
  • API Connect を利用して API を管理し、API にアクセスするための開発者向けポータルを作成する

フロー

フロー

  1. z/OS Connect が REST API を介して Db2 のデータを公開します。
  2. z/OS Connect が REST API を介して CICS プログラム/データを公開します。
  3. API Connect が z/OS Connect へのゲートウェイとして、z/OS Connect API を管理し、API へのアクセスを可能にするポータルを確立します。

手順

以下の方法について詳しくは、README を参照してください。

  • CICS アプリケーションを作成する
  • Db2 データベースとテーブルを作成する
  • Db2 データベースに Synthea データを取り込む
  • z/OS Connect をインストールする
  • z/OS Connect を利用して Db2 データを公開する
  • z/OS Connect を利用して CICS アプリケーションを公開する
  • API Connect インスタンスを作成する
  • z/OS Connect API を API Connect にインポートして管理する