新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

ピザ注文用チャットボットの対話を組み立てる

概要

Watson Assistant を利用した経験があるとしたらわかると思いますが、ユーザーからの入力データが必要になると、そのプロセスは非常に厄介なものになりがちです。フィールドを追加するたびに、ノードが必要になり、そのノードとは別のノード上で必要なロジックを検証しなければなりません。エラーの処理、ヘルプの追加、省略可能なフィールド、そしてその他のロジックには、さらにノードが必要になります。ユーザー・プロファイルやデータ・フォームを作成するだけでも、最終的には大規模なグラフと大々的なアプリケーション・ロジックになってしまいます。スロットという Watson Assistant の新機能を使用すると、この骨の折れる作業をたった 1 つのノードに集約することができます。このコード・パターンでは、単一の入力ノードを使用して、オンライン・ピザ注文用チャットボットを作成する方法を説明します。このコードの実装を完了することで身に付けた知識があれば、独自の Watson Assistant スロットを作成することができます。現在このコード・パターンには、IBM Cloud Kubernetes Service を使用するための手順も追加されています!

説明

このコード・パターンでは、Node.js と Watson Assistant を利用して単純なチャットボットを作成します。基本的なチャットボットに最小限必要な要素を提供する、たった 1 つのシン・アプリケーション層に、Watson Assistant のスロットという新機能を使用してすべてのロジックを Watson Assistant に詰め込みます。このチャットボットはピザの注文を受け付けて、必要なさまざまな情報のスロットを埋めていきます。ユーザー・プロファイルやその他のオンライン・フォームにも、これと同様の手法を適用できます。

このコード・パターンをひととおり完了すると、以下のスキルを身に付けることができます。

  • Node.js と Watson Assistant を利用して単純なチャットボットを作成する
  • Watson Assistant スロットを使用して、必要なデータを入力する
  • スロットのハンドラーを使用して、スロットに当てはまらない会話のフローを処理する

このコード・パターンでは、アプリケーションをデプロイする方法として、IBM Cloud 上の Cloud Foundry を使用するか、IBM Cloud 上の IBM Container Service を使用するかも選べるようになっています。

フロー

フロー

  1. ユーザーがクラウド・べースの Node.js アプリケーションに対話を送信します。
  2. アプリケーションが Watson Assistant と対話して、スロットを埋めていきます。
  3. Watson Assistant からの返答がアプリケーションを介してユーザーに返されます。

手順

Find the detailed steps for this pattern in the README. Those steps will show you how to:

  1. Clone the repo.
  2. Create IBM Cloud services.
  3. Get IBM Cloud credentials and add to the .env file.
  4. Configure Watson Assistant.
  5. Run the application.
Legend