現実を拡張してフライト・データと気象データを相互に関連付ける  

モバイル対応の拡張現実アプリケーション内でフライト・データと気象データを相互に関連付ける

Last updated | By Sanjeev Ghimire, Sanjay Saxena

Description

空中には大量のデータが飛び交っています。そのようなデータを、ソフトウェア無線を使って取り込めば、シンプルな Raspberry Pi センサー・ノードを使用して、近くを飛んでいる民間飛行機を追跡できます。さらに、そのデータを気象情報で強化して、モバイル対応の拡張現実ディスプレイを使用してレンダリングすることも可能です。

Overview

このコード・パターンでは、Watson IoT プラットフォームと Weather Company データを使用して、センサーとモバイル・クライアントを統合する方法を説明します。航空電子工学が進歩したこと、そして Raspberry Pi のような手頃な価格のコンピューティング・リソースを利用できることから、シンプルな地上局を構築するのは簡単です。地上局を構成した後は、Docker を使用してそれを複製し、複数の地上局によって対象地域を拡大できます。各地上局は次のような仕組みになっています。

アンテナが搭載された SDR レシーバーを使用して、高度と見通し線 B から B までの周囲、半径 150 マイルのフライト情報を受信します。ソフトウェア無線 (SDR) は、カスタム・ハードウェアではなくソフトウェア内で無線信号を復調する、消費者/企業/政府機関向けアプリケーションを対象とした新しいテクノロジーです。

地上局はネットワーク B に接続された IoT デバイスとして機能し、フライト情報を Watson IoT Platform MQTT サービスにパブリッシュします。iOS アプリケーションはこのデータ・ストリームをサブスクライブするだけでなく、飛行機の GPS 座標に対応する温度データを Weather Company にリクエストします。この情報は地図ビューに表示される他、ユーザーがスマートフォンを空にかざすと、拡張現実ディスプレイに飛行機の位置がオーバーレイされて表示されます。

Flow

  1. 地上局を表す、SDR レシーバー搭載の Raspberry PI が、民間飛行機からの ADS-B メッセージを受信してデコードし、JSON ペイロードを含む MQTT メッセージを IoT Platform にパブリッシュします。
  2. IoT Platform が MQTT メッセージを受信し、該当するデバイス・タイプとデバイス ID をトピック上で使用できるようにします。
  3. 必要に応じて、Streaming Analytics サービスが IoT Platform 内のトピックをサブスクライブしてメッセージを処理することもできます。
  4. Streaming Analytics サービスから返されたデータを使用してダッシュボードが作成されます。
  5. アプリは IoT Platform 内のトピックをサブスクライブし、Weather Company Data API を呼び出してフライト情報と気象情報を地図および拡張現実ディスプレイのビューにレンダリングします。
  6. Weather Company Data Service では、座標を使用して気象データにアクセスするための API を公開しています。

Instructions

このコード・パターンに取り組む準備はできましたか?アプリケーションを起動して使用する方法について詳しくは、README を参照してください。

Related Blogs

Call for Code 準優勝者: AI を使用して改造の可能性を判断する PD3R

ネパールでエンジニアとして働く Nirmal Adhikari は、地震がもたらす惨状をじかに目にしました。彼 […]

続けて読む Call for Code 準優勝者: AI を使用して改造の可能性を判断する PD3R

Call for Code 優勝者: 緊急支援ネットワークで中断のない銀行サービスを実現

史上最大の地震の 1 つとして数えられる 2008 年の四川大地震が発生したとき、中国農業銀行 (ABC) は […]

続けて読む Call for Code 優勝者: 緊急支援ネットワークで中断のない銀行サービスを実現

Related Links

What makes serverless architectures so attractive?

Serverless architectures are one of the hottest trends in cloud computing this year, and for good reason. There are several technical capabilities and business factors coming together to make this approach very compelling from both an application development and deployment cost perspective.