LoRaWAN ネットワーキングを使用した長距離対応 IoT システムで資産を追跡し、センサー・データを視覚化する  

IoT センサー、Raspberry Pi ゲートウェイ、MQTT、Watslon IoT Platform を使用して資産とデバイス・データを追跡し、Leaflet と ArcGIS でデータを視覚化して地図上に表示する

| By Kalonji Bankole

Description

このコード・パターンでは、資産を追跡して、Watson IoT Platform からの着信データを Leaflet と ArcGIS を使用した地図アプリケーション上で視覚化する方法を説明します。

Overview

  • このコード・パターンを完了すると、移動する資産を追跡する方法がわかるようになります。このコード・パターンで扱う「移動する資産」とは、配送トラック (あるいは配送トラック内の配送物) など、GPS モジュールを取り付けられるあらゆる IoT デバイスを指します。さらに、タグを付けた野生の動物を資産として扱うこともできます。このコード・パターンでは、接続された各種の IoT デバイスに関連付けられたセンサー・データを視覚化する方法も説明します。視覚化するセンサー・データに該当するのは、温度、音、大気質、湿度など、測定可能なあらゆる物理プロパティーです。
  • このパターンでは、センサー・データを収集するハードウェアがセットアップ済みであることを前提とします。セットアップの例については、コード・パターン「LoRaWAN ネットワークを使用した長距離対応 IoT システムのハードウェア・プラットフォームをセットアップする」を参照してください。
  • このパターンを完了すると、以下の方法がわかるようになります。
    • センサー・データと位置データを Watson IoT Platform にパブリッシュする
    • 視覚化する履歴 CSV データセットをインポートする
    • データを Cloudant データベース内で維持する
    • IoT 資産を地図上に表示する

    Flow

    1. ユーザーがマッピング UI または MQTT メッセージを使用してエンドノード (IoT デバイス) を登録します。ここでのエンドノードは、位置データとセンサー・データをパブリッシュできる、追跡可能な資産です。
    2. Express バックエンドが、1 つ以上のエンドノードに対応する Watson IoT Platform チャネルにサブスクライブします。
    3. エンドノードが継続的に、位置、時間、およびセンサー・データを格納した JSON オブジェクトを Watson IoT Platform にパブリッシュします。
    4. Watson IoT Platform がデータを Cloudant DB に維持します。
    5. マッピング UI が Leaflet を使用して、地図上のマーカー位置を更新します。

    Instructions

    詳細な手順については、README を参照してください。

    Related Blogs

    Call for Code 2019 応募に向けて個別オンライン相談会の予約受付開始

    皆さん、こんにちは。IBM デベロッパーアドボケイト戸倉彩です。 グローバルハッカソンは目標をもって仲間と一緒 […]

    続けて読む Call for Code 2019 応募に向けて個別オンライン相談会の予約受付開始