Watson Natural Language Classification のテクノロジーを利用したサポート・チケットの分類  

Watson Natural Language Classification サービスを利用して、消費者からのクレームに対応するためのさまざまなサポート・チケットを分類するアプリを構築する

Description

このコード・パターンでは、消費者からのクレームに対応するためのさまざまなサポート・チケットを分類するアプリを構築します。アプリを構築するために利用するサービスは、IBM Watson Natural Language Classifier です。このサービスで、消費者からのクレーム・データセットを使用するモデルをトレーニングします。このデータセットは、商業目的でなければ無料で使用できます。商業目的で使用する場合は、明示的な許可を得る必要があります。Watson Developer Cloud Node.js SDK を使用すれば、カスタム Natural Language Classifier モデルを Web UI で迅速、簡単に作成できます。作成したモデルはブラウザーから実行することができます。

Overview

消費者保護局は、金融商品や金融サービスに関する消費者からのクレームを毎週数千件も受け取り、それらのクレームをさまざまな企業に送信して対応にあたらせます。これだけ大量のクレームが送信されるとなると、企業がそのそれぞれを手作業で調べて該当するカテゴリーに分類するのは難しく、実際的でもありません。適切なチームが対応して適切に解決するまでには、おおよそ 15 日もかかります。こうした手作業による手法では、クレームを効率的にルーティングすることはできません。

一方、サポート・チケットの知識とサンプルがあれば、AI ツールを利用して、サポート・チケットの内容がどのような性質のものであるかを判断できます。そのような AI ツールとして利用するには、IBM Watson Natural Language Classifier が最適です。トレーニング・データを提供すると、どのサポート・チケットがどのカテゴリーに属するかを判断するために必要なすべての情報が Natural Language Classifier サービスから返されてきます。トレーニング・データとして提供するクレームは、GUI を使用して CSV 形式でアップロードできるので、モデルを簡単に作成できます。モデルを作成した後は、Watson Developer Cloud SDK を使用して、このサービスをアプリケーションに統合することができます。

このようなデータの分類は、市場での傾向と問題を識別するのに役立つため、企業の監督、国の消費者保護法の施行、規則の策定を行う上で、より効果的な成果を上げられるようになります。

このコード・パターンを完了すると、以下の方法がわかるようになります。

  • Web UI を使用して Watson Natural Language Classifier モデルを作成する
  • Natural Language Classifier モデルを使用して消費者サポート・チケットのテキストの集合を分類する Node.js アプリを作成する
  • Watson Developer Cloud SDK for Node.js を使用する

Flow

  1. Natural Language Classifier インターフェースとやり取りしてモデルをトレーニングします。
  2. 消費者からのクレームに対応するためのサポート・チケット・データセットをトレーニング・データとして Natural Language Classifier にロードします。
  3. テスト・データを含む Excel ファイル (.csv 拡張子を使用) を分類対象としてアップロードします。
  4. アプリケーションが Watson Natural Language Classifier サービスを利用して、サポート・チケットの集合を住宅ローン関連、銀行取引関連、融資関連、クレジット・カード関連のカテゴリー別に分類します。

Instructions

このパターンの詳細な手順については、README ファイルを参照してください。手順の概要は以下のとおりです。

  1. GitHub リポジトリーを複製します。
  2. IBM Cloud を使用して、Watson Natural Language Classifier サービス・インスタンスを作成します。
  3. Natural Language Classifier モデルをトレーニングします。
  4. 資格情報を構成します。
  5. アプリケーションを実行します。

Related Blogs

Call for Code 2019 応募に向けて個別オンライン相談会の予約受付開始

皆さん、こんにちは。IBM デベロッパーアドボケイト戸倉彩です。 グローバルハッカソンは目標をもって仲間と一緒 […]

続けて読む Call for Code 2019 応募に向けて個別オンライン相談会の予約受付開始

IBM Developer Dojo – 6月イベントスケジュール

皆さん、こんにちは。IBMデベロッパーアドボケイト戸倉です。 5月にスタートした毎週水曜日にIBM渋谷オフィス […]

続けて読む IBM Developer Dojo – 6月イベントスケジュール