新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

IBM Developer Blog

IBM Developer サイトで最新の出来事をフォローし、情報を入手しましょう。

Codewind について学んでください。よく使われている IDE の拡張機能を提供するこのソリューションを利用すれば、使い慣れたワークフローと IDE を使ってコンテナー内のアプリケーションを構築できます。


Eclipse Codewind は、開発者がお気に入りの IDE 内で簡単にクラウド・ネイティブ・アプリケーションを作成できるようにするための新しいオープン・ソース・プロジェクトです。現時点で Codewind がサポートしているのは Visual Studio Code、Eclipse IDE、Eclipse Che ですが、今後数か月の間に他のエディターのサポートも追加するよう現在取り組んでいます。

簡単に導入できます

Codewind をインストールした後はすぐに、共通テンプレートを使用して Express (Node.js)、Spring Boot (Java)、Open Liberty (Java)、Kitura (SwiftLang) などのよく使われているフレームワークの使用を開始できます。他のランタイムやフレームワークで開発したい場合は、そうすることも可能です。Codewind では、独自のテンプレートを取り込んでニーズに合わせてサポートを拡張できるようになっています。

最初からコンテナー化

アプリケーションの作成を開始すると、Codewind がすぐに固有のコンテナー内でアプリケーションを同期してビルドし、アプリケーションの依存関係を必要に応じて取り込みます。最大の利点は、エディターに従属ツールを使用させたままにする必要がないことです。

自動再ビルド機能により、アプリケーションに加えた変更はコンテナー内で即時に反映されます。したがって、コードの変更に関するフィードバックを迅速に得られます。Codewind を使用してビルドするアプリケーションにはヘルス・エンドポイントと正常性の指標が付随するため、マイクロサービスが正常に応答していることを確認できます。

さらに、Codewind の組み込みパフォーマンス・ツールによってマイクロサービス・エンドポイントに負荷をかけることもできます。負荷をかけた状態で指標を観察して、アプリケーション・レベル間での変更を比較したり、アプリケーションの潜在的ボトルネックを示すホット・スポットを特定したりできます。

Kabanero との関連

Codewind は Kabanero 内で使用されます。Kabanero は、基礎的な複数のオープン・ソース・テクノロジーを最新のマイクロサービス・ベースのフレームワークに統合したオープン・ソース・プロジェクトです。Kabanero では、Codewind を使用して IDE エクスペリエンスを統合します。

Codewind の動作をご覧ください

この動画では Tim deBoer が Eclipse Codewind を紹介しています。この Eclipse のオープン・ソース・プロジェクトが一般的な IDE を拡張して、コンテナーを使用した迅速なマイクロサービス・アプリケーション開発をサポートする仕組みをご覧ください。

Codewind の詳細を調べてください