新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

コンテナー入門

コンテナーの基礎を学んで、Docker と Kubernetes をすばやく導入してください。

コンテナーとは何か

コンテナーとは、プロセス・レベルで分離してデプロイ可能なソフトウェアの単位を指します。コンテナーを使用すると、各アプリケーションとその環境を隔離された環境内で実行することができます。コンテナーはサービスごとに異なる環境を公開するためです。コンテナー化されたアプリケーションのデプロイ、スケーリング、管理は自動化することができます。

実践に移す

コンテナーのコーディングに初めて着手するには、手順とサンプルを案内するチュートリアルを試してください。コンテナー化について学ぶ出発点としては Docker が最適です。その後は、Kubernetes を使用したラボの演習で、コンテナーの知識をさらに広げることができます。

Docker と IBM Cloud を利用してコンテナー化を開始する方法を学ぶ

コンテナー化の世界に足を踏み入れて最初に目にするのは、Docker です。このチュートリアルに従って Docker をすばやく導入してください。

ラボでのサンプルの演習を通して Kubernetes について学ぶ

Kubernetes について学びたいと思っていても、あまりにも手強そうに見えて実行に移せないでいますか?Kubernetes について聞いたことや、他の開発者が作成したコードで Kubernetes を目にしたことはあると思いますが、Kubernetes には実際にどのような役割があるのでしょうか?どうしてコンテナーに役立つのでしょうか?Kubernetes は一種のコンテナーなのでしょうか?こうした疑問をこの一連のラボで解消して、Kubernetes を使いこなせるようになってください。

次のステップ

コンテナー化に必要な基本的な前提条件からより高度なスキルまで、Kubernetes とコンテナー・オーケストレーションを実際に試してください。

アーキテクチャー・センター: 製品化までの時間を短縮し、アプリの品質を向上させるマイクロサービス

マイクロサービス・アーキテクチャーを使用すると、クラウド・ネイティブの手法に従ってモバイルおよび Web アプリケーションを構築することができます。