新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 詳細はこちら

なぜIBM Cloud Paksなのか?

こんにちは。IBM CloudチームのSai Vennamです。本日はIBM CloudでCloud Paksを使用する、まったく新しいエクスペリエンスをご紹介します。

Cloud Paksとは

まずはCloud Paksについて説明しましょう。基本的にCloud Paksはコンテナ化されたソリューションであり、新しいクラウド・ネイティブ・アプリケーションの作成だけでなく、既存のワークロードのモダナイゼーションも支援するために。開発されました。

alt

各IBM Cloud Pakには開発・運用向けのIBMミドルウェアと、共通サービスが含まれており、そのすべてが共通のインテグレーション層であるOpenShiftを基盤にしています。

alt

Cloud PaksはOpenShiftで稼働するように最適化されています。つまりOpenShiftがサポートされている場所であれば、Cloud Pakもサポートされます。

alt

IBM CloudでCloud Paksを使用すると、OpenShiftクラスターへの直接的なデプロイメントを簡単に実行できます。Red Hat OpenShift on IBM Cloudは総合的なマネージド・サービスです。自動化された顧客プロビジョニング、高可用性を実現するマルチゾーン・リージョンロギングおよびモニタリング用の統合など、さまざまなサービスをご利用いただけます。

alt

まずはOpenShiftクラスターが必要になります。IBMのマネージドOpenShiftサービスを使えば簡単です。これについては別の動画で説明しています。

alt

私のIBM Cloudダッシュボードをご覧ください。ここにOpenShiftクラスターが作成され、準備が整いました。次に、Cloud Pakをこのクラスターにプッシュする必要があります。

alt

IBM Cloud Schematics

それにはIBM Cloud Schematicsを利用します。これはIBM Cloudで提供される無料のTerraform-as-a-Serviceであり、インフラストラクチャー自動化ツールです。コミュニティーで人気のあるオープンソースのTerraformを使用して、IBM Cloudインフラストラクチャーを自動化できるということです。

alt

まず、プロビジョンするインフラストラクチャーをTerraformファイルで定義します。次に、プランを作成して自動化の内容を検証します。最後にそのプランを適用し、プロビジョニングを開始して、インフラストラクチャーとソフトウェアを定義します。

alt

この自動化処理の進行はSchematicsで管理でき、ユーザーは作成したリソースの追跡や更新も行えます。Schematicsの優れている点は、Cloud Paksのインストールに使用できることです。

alt

このエクスペリエンスを確認するために、まずはカタログに移動しましょう。IBM Cloudのカタログは、開発者エクスペリエンスで中心的な役割を果たします。ここにはさまざまなコンピュート・オプションとサービスが表示されています。さらに先進的で使いやすいTerraformテンプレートと、これから開始するCloud Paksもあります。

alt

Cloud Pak for Dataのデモ

それではCloud Pak for Dataのデモを開始します。このCloud Pakでは複数のデータ・ソースを管理し、AIを使って新しい洞察を獲得できます

alt

まず、表示されたOpenShiftクラスターが、サイズの要件を満たしているか確認する必要があります。満たしていますね。

alt

では次にSchematicsのワークスペースをカスタマイズし、プリインストール・スクリプトを実行して、クラスターをセットアップします。

alt

これらの変数を設定することもできます。インストールを開始します。

alt

Schematicsはすべての手順を通して、Terraformを使用したCloud Pakのインストールを管理します。インストールが完了したら、Cloud Pak for Dataダッシュボードにアクセスできます。

alt

これだけです。いかに簡単にCloud PakをIBM Cloudにデプロイできるかおわかりいただけたでしょう。

alt

IBM Cloud Paks

では本日のまとめです。Red Hat OpenShiftとIBM Cloudを使用すると使い慣れたOpenShiftのエクスペリエンスを維持しつつインフラストラクチャー、セキュリティー、スケールを管理できます。Cloud Paks向けのサポートによって、エクスペリエンスはさらに効率化され、ボタンをクリックするだけで、Cloud Paksをインストールして使用できます。

alt

次世代のマルチクラウド・プラットフォームを実現し、Red Hat OpenShift on IBM Cloudで稼働するIBM Cloud Paksを是非ご活用ください。

alt

最後までご覧いただき、ありがとうございました。